歯周病治療

歯周病治療

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。

歯周病の進行

歯周病は悪玉細菌が異常繁殖して歯茎に炎症が起こる伝染病です。ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌が歯垢を作り出します。歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。その中や周りにさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けます。この状態はブラッシングなどで取り除くことはできません。

歯周病の進行 流れ1 歯周病の進行 流れ2 歯周病の進行 流れ3 歯周病の進行 流れ4

歯周病チェック

  • 歯磨きをすると歯茎から出血する。
  • 歯茎から膿が出る。
  • かたいものを噛むと痛みを感じる
  • 朝起きた時に口の中がネバネバする。
  • 歯が長くなったように見える。
  • 口臭があると言われることがある。
  • 歯がグラグラする。
  • ホワイトニング

    ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。

  • セラミック治療

    金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりになります。

  • 歯周病治療

    虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎のケアもとても大切です。

  • 予防歯科

    歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れ等を落とすことで、むし歯や歯周病の予防に繋がります。

  • アクセス

    当院までのアクセス方法を掲載しております。

▲ページの先頭へ戻る