セラミック治療

セラミック治療

従来のセラミックはメタルにセラミックを焼き付けるタイプのものでしたが、オールセラミックは金属を使わずに、特別な人工歯質材料(セラミック)を用いて作り上げます。強度が強く色も自然に美しく作ることが出来ます。金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりとなります。

セラミックの種類について

セラミックインレー:以前、治療した奥歯の詰め物が口を開けると見えてしまう方へ

インレーとは、虫歯などで歯を削った所に詰める、詰め物のことです。インレーに使われる素材はいろいろなものがありますが、その中でもセラミックインレーは、年数によって変色することもなく強度も強く、色も自在に調整できるので、どこに詰め物があるのかわからないほど自然に仕上げることが出来ます。


セラミッククラウン:以前、前歯を差し歯にしたが、歯が黄ばんでいる方へ

自分の歯を削り、それを土台にして人工の歯をかぶせる物をクラウンといいます。保険内治療の物ですと、金属にプラスチックを付けたものになりますので、強 度が弱く、年数が経つと黄色く変色してしまいます。オールセラミッククラウンですと、セラミックインレー同様、金属アレルギーの心配がない他自然で光透過率の高いので、見た目に大きく影響する前歯にもっとも適した材質のかぶせ物です。

ラミネートべニア:以前、通っていた歯科医院でこれ以上白くならないと言われた方へ

ホワイトニングは歯を漂白する方法で歯を白くしますので、もともと歯の色が黒っぽい場合や、神経治療をしたことによって、変色してしまった歯の場合、ホワイトニングをしても、効果がでない場合があります。その場合、ラミネートベニアというセラミック素材のうすい板を前歯の表面に貼り付ける方法で、歯を白く見せることが出来ます。ラミネートベニアは、他のクラウン(かぶせ物)と違い、歯の表面を0.5mmほど削るだけなので、削除量は格段に少ないところが、他の被せ物に比べると最大のメリットです。

  • ホワイトニング

    ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。

  • セラミック治療

    金属を一切使用しないことで、天然歯の色調、透明感を再現し、より自然な仕上がりになります。

  • 歯周病治療

    虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎のケアもとても大切です。

  • 予防歯科

    歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れ等を落とすことで、むし歯や歯周病の予防に繋がります。

  • アクセス

    当院までのアクセス方法を掲載しております。

▲ページの先頭へ戻る